外貨預金とFXどっちがお得?外貨通貨の投資運用で損をしないための初心者入門ガイド。

投資対象の分散

外貨預金を始めたばかりのころは、「1つの外貨」で貯金している人も多いと思います。しかし、外貨預金のリスクを軽減させるためにも、「100万円以上」の資金があるなら、ぜひ「投資対象の分散」も行っておきましょう。

外貨預金における「投資対象の分散」とは、「複数の外貨に資金を分散させて貯金する」ということです。たとえば、100万円の資金があるとして、そのすべてを「米ドルだけ」に投入するでしょうか?

これは危険ですよね。米ドルが下落してしまうと、資金が一気に「目減り」してしまいます。

しかし、このときに「50万円分の米ドル+50万円分のユーロ」を持っていればどうでしょうか?米ドルの被害そのものを半分に減らすことができるほか、米ドルが下落した時、ユーロは値上がりする傾向にあるため、米ドルで損した分をユーロで穴埋めすることも可能になってくるのです。

このように、資金を投入する外貨を分散させることも、大切なリスク管理のテクニックであり、「いかにして損をしないか?」という、資産運用の極意をしっかりと守った投資プランと言えるでしょう。

また、上記のようなテクニックを活用する時は、「正反対に動きを見せやすい2つの投資対象」を選ぶことが大切です。

つまり、片方で損をしても、もう片方は正反対の動きを見せますので、そこからは利益が得られるのです。したがって、「損失+利益」が相殺しあうため、変動益は狙えませんが、「その間に金利だけは頂いておこう!」という方法が可能になるんですね。