外貨預金とFXどっちがお得?外貨通貨の投資運用で損をしないための初心者入門ガイド。

積極的に変動差益を狙う

外貨預金のメリットはたくさんありますが、その1つに「変動差益」というものがあります。「変動する為替を利用して資産を育てる」という方法ですが、これを利用することで、より効率的に資産を育てることが可能になるんですね。

外貨は、前述のように日本円に対して「変動」します。つまり、安い時に買って高い時に売れば、その「差額」を利益として受け取れる計算です。

リーマンショック以降、急激な円高が進んだ時期もありましたが、その時によく見られた光景こそ、「ドル買いの行列」です。「円高になっている」ということは、「ドルが安くなっている」ということでもあります。つまり、「安い時に買っている」ということになるんですね。

そしてしばらく待って、円高が落ち着き、円安傾向に反転します。

このときに保有していた米ドルを日本円に「円転」させれば、その差額を利益として受け取れるのです。町の両替屋さんの前にズラッとサラリーマンの列ができていた光景は、テレビのニュース番組でも放送されていました。

外貨預金と聞くと、どうしても「長期間お金を預ける」というイメージがあります。しかし、「長期間預ける必要がある」というのは「定期預金」の世界であり、「普通預金」などでは長期間預けなくても構わないのです。

したがって、「短期間」という目線で両替をしても全くOKなんですよ。むしろ、そのように積極的に両替を繰り返すことで、より大きなリターンが期待できるというわけです。