外貨預金とFXどっちがお得?外貨通貨の投資運用で損をしないための初心者入門ガイド。

人気の通貨とは?

外貨預金で「人気の通貨」について考えてみましょう。外貨預金をするからには、当然ですが「利回り」の高い通貨を選んでおくべきです。そこで、高い利回りが期待できそうな通貨をいくつかピックアップしてみましょう。

まず、「米ドル」が考えられますが、リーマンショック以降はちょっと「魅力がない」と言えます。なぜなら、リーマンショック以降は相次いで「利下げ」が行われ、もはや利息は「日本並みの超低金利」なんですね。

ただし、2009年12月現在、米ドルは日本円に対して「円高傾向」にあると言えますので、円高が進んだ時に米ドルを買い、そこから落ち着いて円安になった時に売れば、その分の「差益」を手にすることが出来そうです。

また、新興国の通貨を選ぶ方法もありますよ。変動リスクは少し大きくなるのですが、将来的な成長が見込めること、また、新興国は外資を集めるために政策金利を上げていることが多いため、「長期スパンでの変動益+利息」の両面で資産を育てられそうです。

その意味では、南アフリカの通貨「ランド」や、トルコの「リラ」、また、メキシコの「ペソ」などは人気ですね。

とくに「南アフリカランド」は、リーマンショック以降でも「政策金利7%」の高水準を保っていますので、100万円を預けたとして、まったく変動がなかった場合、なんと1年間で「7万円」もの利息を手にすることができる計算になるのです。

もし、変動リスクを出来るだけ低く抑えたいなら、利回りは少ないものの、「ユーロ」という通貨も選択肢に入ります。日本よりは金利が高く、また、ユーロを取り扱っている日本国内の銀行も多いため、何かと便利ですからね。