外貨預金とFXどっちがお得?外貨通貨の投資運用で損をしないための初心者入門ガイド。

税金も考えておく

外貨預金で得た収入も、当然ですが「課税対象」になります。しかし、外貨預金に関しては、「金利の利益」と「変動益」の2つに分かれ、これらには別々の課税方式が適応されているのです。

もちろん、納税義務は守ってくださいね。「大丈夫だろう…」と安心していても、必ずいつの日か、摘発の手がやってくるのですから。そこで、「外貨預金」と「税金」と題して、「金利の利益」と「変動益」に対する課税方式を勉強してみましょう。

まず「金利による利益」ですが、こちらは一律で「20%」と決まっています。これは簡単に計算できますね。

また、金融機関によっては、「20%を差し引いた金額を口座に反映してくれる」というサービスを提供していることもあります。したがって、「あなたは何もしなくても良い」という場合があるんですよ。

一方、「変動益」は、法律上は「雑所得」に分類されます。雑所得の特徴は、「その他の所得との合計額で税率が決まる」というものです。

たとえば、外貨預金の為替変動で、「50万円」の利益を出した人が2人いたとしましょう。「Aさん」と「Bさん」と名付けておきます。「Aさん」は、外貨預金以外の所得、つまり、会社からのお給料などで「年間500万円」の所得があるとします。

そして、外貨預金で「50万円」の利益を上げたため、「500万円+50万円=550万円」に課税されるのです。一方、「Bさん」は外貨預金以外の所得が年間で「1000万円」あるとします。

この場合も、「1000万円+50万円=1050万円」に課税されることになるんですね。ということは、同じ「50万円」の利益でも、「Aさん」と「Bさん」とでは支払う税金の「金額」も違ってきます。

いかがですか?上記のように、「その他の所得と合計して計算する」という税方式を「総合課税」と呼んでおり、一方、金利の利益のような「その他の所得と別に計算する」という方法を「分離課税」と呼んでいるのです。外貨預金には、この2つの計算方法が存在しており、それぞれ別に計算しておく必要があるんですね。