外貨預金とFXどっちがお得?外貨通貨の投資運用で損をしないための初心者入門ガイド。

手数料はどれぐらい?

外貨預金をするときに、必ず考えておきたいのが「手数料」です。高額になればなるほど、手数料も高額になりますので、それを差し引いての「最終的な利益」を計算しておくのです。

外貨預金の手数料は、「両替そのものの手数料」と「1通貨あたりの手数料」の2つがあります。

まず、「両替そのものの手数料」ですが、これは、両替する金額に応じて支払う手数料であり、「数百円〜数千円」程度が必要になると考えておきましょう。FXで言うところの「取引手数料」のようなものですね。一方、「1通貨あたりの手数料」ですが、これはFXの「スプレッド」に相当します。

つまり、「米ドル」で外貨預金をする場合、「1ドルにつき、○○銭の手数料」のような感じです。色々な銀行を比較してみたところ、「0.2円〜1円程度」の幅で推移しています。仮に「1ドルあたり1円の手数料」が必要だったとして、「1万ドル」の両替をするとします。

この場合、「1万円」の手数料が必要になるということですね。また、米ドルを買っても、最終的にはそれをまた日本円に戻すわけですから、「日本円→米ドル→日本円」で「2万円」の手数料が発生することになります。つまり、最終的には「2万円以上の利益」を上げないと「赤字になる」ということなんですよ。

上記のように、手数料は利益を圧迫する存在です。したがって、利益だけに目を向けるのではなく、手数料を差し引いて、「最終的に手元に残る利益額」を計算しておくことが大切なんですよ。

長期スパンの「金利目的」で外貨預金をする場合は、何回も取引しないため、それほど手数料を気にする必要はありませんが、積極的に変動差益を狙っていく場合は、ぜひ手数料も計算しておきましょう。