外貨預金とFXどっちがお得?外貨通貨の投資運用で損をしないための初心者入門ガイド。

なぜ外貨預金なのか?

外貨預金は、中高年世代だけでなく、若い世代の人にも人気の資産運用です。しかし、なぜ外貨預金が注目を集めているのでしょうか?その秘密に迫ってみたいと思います。

まず、外貨預金は、一般的な円貯金よりも手数料の面で損をします。

しかし、「それ以上の利回り」が期待できるため、多くの人が始めているんですね。その利回りこそ「金利」であり、日本円よりも高金利の通貨で現金資産を持つことで、少しでも多くの「利息」を手にしようとしているのです。

また、「変動差益」を目的としている場合も多いですね。たとえば、発展著しい国の通貨を持っているとします。その国は猛スピードで発展しているため、数年後には対円で「円安傾向」になる可能性が高いですよね。その国の通貨が強くなれば、当然ですが「円が安くなる」のですから。

つまり、まだその通貨の価値が低い時に購入しておき、十分に成長した段階で売れば、その分の「変動益」を手にすることができるのです。

「急速に発展している」という意味では、「中国」が有名ですが、中国は「対米ドル」で「ペッグ制」を導入しています。「固定相場制度」と呼ばれているのですが、将来的に「元の切り上げ」が行われそうなら、買っておく価値はあるでしょう。

今のところはそのような気配は見えませんが…。また、南アフリカの通貨、「ランド」も人気ですね。高金利ですし、将来的な発展も十分期待できます。「絶対に買いです!」とは言えませんが、上記のような観点で外貨預金をしておくと、効率的に資産運用ができると言うわけです。