外貨預金とFXどっちがお得?外貨通貨の投資運用で損をしないための初心者入門ガイド。

テクニカル分析とは

テクニカル分析は、日々の値動きをグラフ化しそのグラフで
過去の動きなど分析して、相場の今後を予測します。
このグラフに法則に従って線を加えたり数値を加えると、
色んなことが分かります。


このテクニカル分析には大きく二つの種類に
分けることができます。


・トレンド系指標
ある項目に注目して通貨の動きをチャートにして動向を
予測します。
相場の方向性を示し、様々なパターンでシグナル
(転換ポイント)示します。


・オシレーター系指標
ある項目の動きの幅に注目したもので、相場の強弱を
「0%〜100%」や「-1〜+1」とレンジで表す指標です。
他にも0ラインを挟んで上下に振幅するチャートもります。
相場の中で、売買の過熱度を見る時に使われ、
センチメント指標とも言われてます。


簡単に説明すると上記のようになります。


トレンド系指標は他にローソク足、移動平均線などを使って
分析します。


オシレーター系指標はRSI、サイコロジカルライン、
ストキャスティクスなどを使って分析します。