外貨預金とFXどっちがお得?外貨通貨の投資運用で損をしないための初心者入門ガイド。

外貨預金とFX

最近、日本中でブームになっている「FX」ですが、「外貨預金とFX、どちらが良いの?」という質問も多いですね。

外貨預金とFXは、「似ているようで全く違うもの」なのですが、「外貨を利用して利益を狙う」という意味では同じです。そこで、この両者の違いなどを解説しながら、あなたに適した方を選んでおきましょう。

まずFXですが、「少額から始められる」というメリットがあります。外貨預金でも少額から始められますが、FXには「レバレッジ」というシステムがあります。

日本語で「てこの原理」を意味するものなのですが、たとえば、「10万円」の資金で「1000万円規模の取引」が可能になるのです。つまり、手元にある資金以上の規模の取引が可能になる制度を「レバレッジ」と呼んでいるんですね。

これを利用すると、少ない資金でも大きく取引できるため、「利回り1000%」などという、とんでもない数字を出すことも可能なのです、つまり、「手元にある資金を有効活用できる」という意味では、FXの方に軍配が上がりそうです。

しかし、「利回りが大きい」ということは、「リスクも大きい」ということでもあります。FXの場合、「10万円」が短期間で「100万円」になることもありますが、それは逆に、「短期間で10万円がパーになってしまう」というリスクの裏返しでもあるのです。

したがって、「少しずつ、コツコツと貯めていきたい」のであれば、よりリスクの少ない外貨預金の方に軍配が上がりそうです。FXと外貨預金の違いはまだまだたくさんありますが、FXが「積極的型」であるのに対し、外貨預金は「長期戦型」と言えるでしょう。

もちろん、どちらを選ぶかは皆さんの自由ですが、賢い人は両方を組み合わせていますね。つまり、FXと外貨預金で「分散投資をしている」という方法も覚えておきましょう。

※ネットバンク キャンペーンはこちら