外貨預金とFXどっちがお得?外貨通貨の投資運用で損をしないための初心者入門ガイド。

ネット定期の注意点

ネット定期を利用する場合には従来の銀行で口座を開設するとき以外の注意点がいくつかあります。ネットバンクというのは、預金通帳が発行されずに、キャッシュカードしか渡されません。ここに注意してもらいたいポイントがあります。

ネット定期をはじめとしてネット銀行における取引は、すべてパソコンを介して行うことになります。もちろん、ネットバンクの自分の口座を利用する場合には、アカウント番号やパスワードを入力しないとアクセスすることはできません。しかしこのアカウントやパスワードについて、簡単に盗み出そうと思えば盗み出すことができるのです。

代表的な手法として、コンピューターウィルスがあります。もし自分のパソコンがコンピューターウィルスに侵されていたとします。すると、自分がパソコンの中で保存をしているデータとかパスワードなどについて第三者に流出する可能性があります。ネットバンクの方でも、全くの別人がなりすまして操作をしていたとしても、パスワードとアカウントが正確に入力されている以上、防ぎようがありません。

ですからネット定期を開設する場合には、ウィルス対策を万全にしておく必要があります。現在ではウィルス対策ソフトもいろいろと販売されています。もしくはインターネットのサイトの中には、ウィルス対策用のサイトもあり、そこからウィルス対策用のプログラムを常時ダウンロードすることができるようなシステムもあります。ウィルスに感染しないように、慎重にパソコンを取り扱っていきましょう。