外貨預金とFXどっちがお得?外貨通貨の投資運用で損をしないための初心者入門ガイド。

私?の医療保険?

自分のための医療保険って、いわれてもなー。
 専業主婦だったら、正直こう思うでしょう。
 保険にまわすような余分なお金なんてどこにもないもの。
 そうでなくても子どもにお金がかかるし。でもダンナに万が一のことがあったら、こっちも困る。だから、ダンナの保険は手厚く手厚く。どうしたって入ってもらわないわけにはいきません。
 そんなこんなで、どんどん後回しになっていくお母さんの医療保険。
 でもね。
 若いころはともかくとして、女も四十代になると、あちこち体にガタがくるものなんです。出産もしているしね。乳がんも、子宮がんも心配。
 ほかにも、死なないんだけれどずっと付き合いが切れない病気もあったりして。
 そんないろいろな心配が、症状になり始めるのが中年以降なんです。
 あたりまえだけど、いざ入院や手術となった時、医療保険に入っているかいないかで自分の安心度が全然違う。
 せっかくですもの。お金の心配をしないでゆっくり病気を治したいものです。
 たとえ月に千円の掛け捨て保険でも、入っておいたほうが、最後には自分のため、家族のためになりますよ。